11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
*花蓮の基礎体温*

プロフィール

花蓮

Author:花蓮
ベビー待ちをしている主婦です。

2006年3月、初めてのAIHで
「優大(ゆうた)」を授かりました
けれど、優大は2006年6月、
お空に帰ってしまいました。

2007年3月に化学流産、5月に
8Wでの初期流産を経験しました。

私の多嚢胞性卵巣や主人の転座、
いろいろと問題はありますが、
いつか我が子を抱っこできるよう
頑張っています。

1982年11月生まれの24歳。
早くママになりたいな・・・☆

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | top↑
久々に
凄く久々の更新。なんでかっていうと実は不妊治療を再開して

なかなか排卵しなくて、やっと排卵できたたまごが、

運好くお腹にくっついてくれた。けれど、流産してしまった・・・から。

厳密に言えば、5週で胎のうはみえたんだけど、そこから全然成長しなくて。

今、7週だけど、大きさは5ミリのまま。

辛いけど、ここから育つことはまずない、と先生にも言われ。

私もそう思っていたので、薬も飲まずに自然にまかすことに。

今、出血しています。このまま出血とともに全てが体から出れば

手術はせずに様子見だけど、そうならなければ手術になります。

パパの転座や、今回のたまごの質を考えれば、仕方なかったのかな、と

変に冷静な自分がいてびっくり。辛い、とか、悲しい、という感情は

もちろんあるのだけれど、うまく言葉にできず。もやもやしています。

目の前に息子がいるから、あんまり気にしてられない・・・というのは

ありがたいかなって。一人いるだけで十分!とも思いながら。

息子を一人っ子にしたくない・・・とも思う。複雑な感情。

これからも、妊娠するたびに流産の不安を抱え、無事に妊娠が

継続できても、きっと入院生活になるんだ、という思い。

こんなにも自分の体が妊娠に適さないなんて・・・と呆れる。

最初の子、優大の出産予定日と同じ時期に一人目を出産した友人は

今、4人目の子供を妊娠中。そんな彼女を見てると羨ましくもあり

情けなくもある現実。もやもやと、変な不安や苛立ちが自分を苦しめる。

もう少しすれば、気持ちも落ち着くのだろうけど。

金銭的な理由や仕事の都合で、来年の夏までまた治療は休む。

そんな事情も私を苦しめているのかもしれない・・・。
スポンサーサイト
流産 | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。